講座詳細

写真の無断転載を禁止いたします

奈良登美ヶ丘校 

7月期

中国伝統武術

八極拳

体験可
見学可
 15分
受講日
第1.2.4 月曜日 19:30~20:45
受講料
受講料14,400円+税
施設維持費1,080円+税
※9回分の費用です。
※新規お申込みの方は受講日からの回数分となります。(一部講座除く)
講師
呉氏開門八極拳八世伝人
孟村拳術社代表
周佐 英徳

八極拳は清代中期、中国河北省滄州市孟村の呉鐘を開祖とする中国伝統武術です。その風格は「発勁凶猛」「崩撼突撃」とたたえられ、発力は非常に大きく接近短打(接近戦)を特徴とします。日本ではコミックやゲームにも取り上げられています。
本講座で学ぶ八極拳はカルチャー教室用にアレンジしたものではなく開祖呉鐘より現在の七世宗家呉連枝老師に受け継がれているオリジナルの「呉氏開門八極拳」を学びます。初めて八極拳を学ぶ方はもちろん、武術未経験者や年齢性別に関係なく、どなたでも学んでいただくことができます。

ご受講にあたって

年齢や性別に関係なく、護身に健康に貴重な中国伝統武術を学べます。
<お持ちもの・ご購入いただくもの>
動きやすい服装・上靴(ランニングシューズのようなもの)・水・タオル

日程/カリキュラム

2019/07/08 2019/07/22 2019/07/29 2019/08/05 2019/08/26 2019/09/02 2019/09/09 2019/09/24 2019/09/30

体験のご案内


体験受講料 1,600円+税

講師紹介

  • 呉氏開門八極拳八世伝人
    孟村拳術社代表
    周佐 英徳(シュウサ ヒデノリ)

    1987年、呉氏開門八極拳の学習を始める。 1996年、八極拳発祥の地である中国河北省孟村を訪問、約1ヶ月半の間、七世掌門人である呉連枝老師に指導を受ける。その後、毎年孟村を訪れ、呉連枝老師の指導の元、八拳拳の修練に励む。 2000年、中国瀋陽で開催された「全国国強杯八極拳武術激請賽」に出場、表演項目一等を受賞。 2007年12月、中国孟村で行われた呉連枝老師収徒儀式に参加、呉氏開門八極拳八世伝人となる。 2008年4月、大阪にて「孟村拳術社」を設立。本部茨木教室を中心に、登美ヶ丘・梅田・難波・河原町・草津にて指導を行っている。

※日程やカリキュラムは変更になる場合がございますので、できましたらあらかじめお問合せください