講座詳細

写真の無断転載を禁止いたします

大阪校 

10月期

 

日本古代史の新視点~聖徳太子の虚像と実像~

体験可
受講日
第3 木曜日 13:30~15:00
受講料
受講料7,920円 (税込)
教材費330円 (税込)
施設維持費660円 (税込)
※3回分の費用です。
※新規お申込みの方は受講日からの回数分となります。(一部講座除く)
講師
堺女子短期大学名誉学長・名誉教授
文学博士
塚口 義信

『日本書紀』によると、593年4月、前年の12月に即位した推古女帝のもとで、厩戸豊聡耳皇子(うまやとのとよとみみのみこ)が皇太子となり、天皇に代わって一切の政務を執り行ったと伝えられています。この人物こそ、史上有名な聖徳太子です。ところが太子にまつわる話には虚と実が混在しており、いまだにその実像をめぐって諸説が対立しています。そこでこの講座では、新しい視点から太子の実像に迫ってみたいと思います。(2021年4月開始)

【2021年7月~12月 講座スケジュール】
7/15 聖徳太子と倭国の外交政策(1)
8/19  同上 (2)
9/16  同上 (3)
10/21 聖徳太子執政前夜の政権抗争(1)
11/18  同上 (2)
12/16  同上 (3)

※都合により日程や内容を変更する場合があります

ご受講にあたって

<お持ちもの・ご購入いただくもの>
筆記用具・プリント

日程/カリキュラム

2021/10/21 2021/11/18 2021/12/16

体験のご案内

在籍生と一緒に講義を受けていただきます
体験受講料 2,640円 (税込)
体験教材費 110円 (税込)

講師紹介

  • 堺女子短期大学名誉学長・名誉教授
    文学博士
    塚口 義信(ツカグチ ヨシノブ)

    1946年 大阪府柏原市生まれ。関西大学第一高等学校・第一中学校教諭・関西大学講師を経て、現職。 奈良県香芝市文化財審議会会長・(財)大阪府八尾市文化財調査研究会評議員・大阪府柏原市歴史資料館等運営協議会委員ほか。 主要著書『神功皇后伝説の研究』(創元社)『ヤマト王権の謎をとく』(学生社)他多数。

※日程やカリキュラムは変更になる場合がございますので、できましたらあらかじめお問合せください