講座詳細

写真の無断転載を禁止いたします

大阪校 

10月期

古典文学のたのしみ

和泉式部日記

体験可
受講日
第2 金曜日 13:15~15:15
受講料
受講料4,840円 (税込)
教材費440円 (税込)
施設維持費440円 (税込)
※2回分の費用です。
※新規お申込みの方は受講日からの回数分となります。(一部講座除く)
講師
王朝文学研究家
阪大萬葉顕彰会元顧問
原 實

・更科日記は13歳の時から50歳すぎまでの回想。
・土佐日記は男(紀貫之)の土佐から海路帰路までの回想。
・蜻蛉日記は三国一の美人で和歌も上手だったが、色好みで高い家柄の男の二号さん的妻となった不幸。
・紫式部日記は「源氏物語」の作者。天皇の中宮の女房であった式部の宮中の様子が中心の日記。
・この『和泉式部日記』は自身を「女」とする三人称で、自伝的物語形式で他と比べて一番明るく楽しいものと考えます。
マンガも二種類混じえて気軽に読み進めていきます。

【カリキュラム(予定)】
2/12:四月十余日​
3/12:四月から五月へ​
4/9:月夜の同車行​
5/14:あきれた噂​
6/11:九月二十余日​
7/9:宮廷入りのすすめ​
7/30:時雨の紅葉​
9/10:寄り添う心​
10/8:宮邸入り​

ご受講にあたって

<お持ちもの・ご購入いただくもの>
筆記用具

日程/カリキュラム

2021/10/08 2021/11/12 2021/12/10

体験のご案内

随時、体験していただけます。
体験受講料 2,420円 (税込)
体験教材費 220円 (税込)

講師紹介

  • 王朝文学研究家
    阪大萬葉顕彰会元顧問
    原 實(ハラ ミノル)

    昭和30年 大阪大学経済学部卒業 阪大万葉顕彰会顧問、エコードロイヤル、おおさか社会保険センター、高島屋ローズカレッジ西宮・堺、エルおおさか、門真・鳳図書館・羽衣公民館・堺市教育委員会派遣講師など歴任。 著書『川柳平安人物史』ほか 現在、産経学園、北野田文化会館、阿倍野市民学習センターにて王朝文学と中国古典文学(漢詩・歴史)開講中。

※日程やカリキュラムは変更になる場合がございますので、できましたらあらかじめお問合せください