講座詳細

写真の無断転載を禁止いたします

大阪校 

1月期

 

書画の裏打ちと表装技術初級・中級

体験可
見学可
 20分
受講日
第1.3 土曜日 14:00~16:00
受講料
受講料17,400円+税
施設維持費1,080円+税
※6回分の費用です。
※新規お申込みの方は受講日からの回数分となります。(一部講座除く)
講師
日本表装研究会会長
日本表装研究会
藪田 夏秋
藪田 千秋

伝統的な技法をわかりやすく指導。初・中級は小作品を裏打ちからはじめ、紙装の小掛軸や覆輪仕立てにします。大和仕立てや、茶掛け、額装や屏風も習得できます。趣味と実益の講座。(3作品目から上級へ)

ご受講にあたって

一作品を3ヶ月かけて完成させます。材料費も、3ヶ月ごとに異なります。
<お持ちもの・ご購入いただくもの>
初回セット 約1万円程度{紙の軸表装セット・裁断用具} エプロン・タオル・カッターナイフ・はさみ・作品(30×30cm以内)

日程/カリキュラム

2021/01/16 2021/01/30 2021/02/06 2021/02/20 2021/03/06 2021/03/20

体験のご案内

2回にわたってお好きな作品の裏打ちをしていただきます。(2回目は仕上げた作品をはがしてお持ち帰りいただきます)
半紙ぐらいの大きさの作品をご持参下さい。お持ちでなければ販売もしております。
体験受講料 2,900円+税
体験教材費 1,112円+税

講師紹介

  • 日本表装研究会会長
    日本表装研究会
    藪田 夏秋(ヤブタ カシュウ)

    1939年京都市生まれ。京都府立大学文学部国語学科卒業後、学術出版「綜芸社」経営。 拓本家として日本の多くの文化財の拓本を展覧会で発表。フィンランドの世界版画会議で拓本のデモンストレーションをする。 また表装家として数年ごとに東京銀座鳩居堂で個展をするとともに全国のカルチャースクールや芸術大学で表具の指導。現在日本表装研究会会長。 著書『掛軸の作り方』『裏打ちのすすめ』『額と屏風を作る』『巻物・折り本つくり』等。作品集『拓の装い』『書の装い』。 08年7月にはNHK海外への日本文化紹介番組「掛軸」に出演。それまでにもNHKで表具制作で出演。TBSの番組に作品10点展示。

  • 藪田 千秋(ヤブタチアキ)

    昭和46年生 立命館大学卒 平成7年 拓本表装材料販売の綜芸舎入社。裏打ち表装の技術習得につとめ各カルチャーセンターで講師を努める。 平成23年 第11回全国公募絵になる拓本展にて京都府知事賞受賞。

※日程やカリキュラムは変更になる場合がございますので、できましたらあらかじめお問合せください