講座詳細

写真の無断転載を禁止いたします

新百合ヶ丘校 

10月期

日本のルーツを学ぼう

古事記を読み解く

体験可
見学可
 ごゆっくりご見学いただけます
受講日
第3 月曜日 10:30~12:00
受講料
受講料7,200円+税
施設維持費750円+税
※3回分の費用です。
※新規お申込みの方は受講日からの回数分となります。(一部講座除く)
講師
國學院大學博士(文学)
横浜国立大学講師
武蔵野大学講師
伊藤 高雄

『古事記』は、今から1300年以上前、和銅5年(712)、太安万侶によってまとめられた天皇家を中心とした神話・物語及び系譜の記録です。そこには、天地の初まりから推古天皇に至る、太古以来の神話や豊かな口頭伝承がぎっしり詰まっています。本講座では、『古事記』に残された日本古代の野性味あふれる豊饒な伝承世界を、民俗学的な知見も踏まえて、じっくりと読み解いて行こうと思います。さあ、太古以来、現代まで脈々と伝わる日本人のこころを探る古代への旅に出かけましょう。

7月のテーマ 『八千矛神の歌物語(出雲神話)』
8月のテーマ 『少名毘古那の神・御諸の神その他(出雲神話)』
9月のテーマ 『天若日子(天孫降臨)』

ご受講にあたって

<お持ちもの・ご購入いただくもの>
筆記用具

日程/カリキュラム

2019/10/21 2019/11/18 2019/12/16

体験のご案内


体験受講料 2,400円+税

講師紹介

  • 國學院大學博士(文学)
    横浜国立大学講師
    武蔵野大学講師
    伊藤 高雄(イトウ タカオ)

    國學院大學大学院博士課程後期満期退学。國學院大學栃木短期大學・武蔵野女子大学・横浜国立大学・國學院大學で講師を務める。専門は日本古代文学・伝承文学・民俗学。『万葉集を知る事典』(東京堂出版、共著)ほか著書・論文多数。ことわざ研究会会員。

※日程やカリキュラムは変更になる場合がございますので、できましたらあらかじめお問合せください