講座詳細

写真の無断転載を禁止いたします

吉祥寺校 

10月期

全ての人に捧げる本物の音色

ヘルマンハープ ≪初心者クラス≫

見学可
 15分
受講日
第1.3 木曜日 11:10~12:10
受講料
受講料16,200円+税
施設維持費1,200円+税
※6回分の費用です。
※新規お申込みの方は受講日からの回数分となります。(一部講座除く)
講師
日本ヘルマンハープ振興会 会長 梶原 千沙都(監修)
ヘルマンハープ本部講師 宮木 泰美

五線譜が読めなくても、オリジナルの楽譜を弦の下に差し込めば、すぐに演奏ができるヘルマンハープ。もともと、ドイツのヘルマン・フェー氏が、ダウン症の息子のために開発した弦楽器です。
基本の構えや手のかたちを学び、ヘルマンハープを美しく奏でられる奏法を学習します。唱歌やクラシック、映画音楽などを楽しみましょう。

・ヘルマンハープのためのストレッチ(約5分)
・奏法のためのエチュード(約10分)
・楽曲の練習(約45分)

音楽経験のある方も無い方も、ともに癒しの時間を楽しみ、音楽を共有することの出来るバリアフリーの教授法で練習します。
音楽を通じて人とつながる喜びを大切に音楽性を育むレッスンを重視しています。

ご受講にあたって

楽器をお持ちでないかたはレンタルもございます(1回1,000円・2人で1台使用)
別途以下の費用が必要となります。詳細は講師にお問い合わせください。
●振興会会費 1年あたり1,500円(税込) 毎年4月~3月
●楽譜代 1曲あたり200円(税込)講師が作成した楽譜を使用する場合
<お持ちもの・ご購入いただくもの>
楽器(ヘルマンハープ)・鉛筆・消しゴム
テキスト『ヘルマンハープの奏法<基礎編>』(梶原千沙都著・音楽之友社刊)

日程/カリキュラム

2019/10/03 2019/10/17 2019/11/07 2019/11/21 2019/12/05 2019/12/19

講師紹介

  • 日本ヘルマンハープ振興会 会長 梶原 千沙都(カジワラ チサト)

    日本ヘルマンハープ振興会 会長。 ドイツのハンドメイドの楽器、ヘルマンハープの普及を2004年から日本でスタート。世界ではじめてヘルマンハープの奏法を確立し、2012年に「ヘルマンハープの奏法<基礎編>」を音楽之友社より出版。全国で教室展開を行い、インストラクターを養成している。梶原千沙都のCD「バリアフリーの花~ヘルマンハープ・サウンド~」は、ヘルマンハープのポテンシャルを初めて本格的に発揮させたと評されている。

  • ヘルマンハープ本部講師 宮木 泰美(ミヤキ ヒロミ)

    国立音楽大学卒業。 2019年4月より日本ヘルマンハープ振興会専属本部講師として活動をスタート。 ヘルマンハープの基本奏法をふまえた音楽豊かな教室つくりを目指している。

※日程やカリキュラムは変更になる場合がございますので、できましたらあらかじめお問合せください