講座詳細

写真の無断転載を禁止いたします

自由が丘校 

10月期 新設講座

 

仏像の魅力-平安時代のみほとけたち-

体験可
受講日
第3 月曜日 13:00~14:15
受講料
受講料16,200円+税
教材費300円+税
施設維持費1,500円+税
※6回分の費用です。
※新規お申込みの方は受講日からの回数分となります。(一部講座除く)
講師
京都芸術大学教授 金子 典正

平安時代の寺院の歴史と仏像について講じます。​
1回目は秘仏として名高い和歌山県・慈尊院の弥勒像と大阪・観心寺の如意輪観音像、2回目は滋賀・櫟野寺と湖南湖東の仏像、3回目は勝常寺・黒石寺・双林寺に伝えられるみちのく三大薬師像、続いて平安時代の神像彫刻を取りあげ、4回目は京都・東寺八幡三神坐像、5回目は奈良・薬師寺の八幡三神像、6回目は京都・大将軍八神社の神像を取りあげます。​

初心者の方にも毎回わかりやすく丁寧に解説します


10月19日  慈尊院の弥勒像と観心寺の如意輪観音像​

11月16日  櫟野寺と湖南湖東の仏像​

12月21日  みちのく三大薬師について​

1月18日  東寺の八幡三神坐像について​

2月15日  薬師寺休ヶ岡八幡宮の八幡三神像について​

3月15日  大将軍八神社の神像について​

ご受講にあたって

<お持ちもの・ご購入いただくもの>
筆記用具

日程/カリキュラム

2020/10/19 2020/11/16 2020/12/21 2021/03/31 2021/03/31 2021/03/31

体験のご案内


体験受講料 2,700円+税
体験教材費 50円+税

講師紹介

  • 京都芸術大学教授 金子 典正(カネコノリマサ)

    1966年生まれ。博士(文学)。早稲田大学大学院博士課程修了。仏教美術史・東洋美術史専攻。同大学文学部講師を経て現職。論文に「唐招提寺『金亀舎利塔』について」「中国仏教初伝期に於ける仏像受容の実態に関する一考察」など多数。編著に『芸術教養シリーズ3造形篇Ⅰ中国の美術と工芸』(藝術学舎、2013年)ほか。 著書に『芸術教養シリーズ3 中国の美術と工芸 アジアの芸術史 造形篇I』 『芸術教養シリーズ4 朝鮮半島・西アジア・中央アジア・インド アジアの芸術史 造形篇II』藝術学舎

※日程やカリキュラムは変更になる場合がございますので、できましたらあらかじめお問合せください