講座詳細

残少

残席がわずかとなっております。お申込はお早めに。

写真の無断転載を禁止いたします

自由が丘校 

10月期

絵画の基礎を身につける

写生の基礎と水彩画

体験可
見学可
 20分
受講日
第1.3 金曜日 12:30~14:30
受講料
受講料17,400円+税
教材費1,380円+税
施設維持費1,200円+税
※6回分の費用です。
※新規お申込みの方は受講日からの回数分となります。(一部講座除く)
講師
日本美術院院友
京都造形芸術大学非常勤講師
元東京芸大非常勤講師
財団法人日本美術院
西野 正望

絵画の基礎は何と言ってもデッサン力、写生力!
この講座では、まずは花や静物、風景を鉛筆デッサンで形をとり描くコツをレクチャーします。
その後、透明水彩などで着色し描いていきます。そして水彩画を描くだけではなく、色鉛筆やパステル、
さらにはアクリル絵具や日本画で使用する顔彩、岩絵の具など、多岐にわたる水溶性画材をつかった
本格的な作品作りも可能です。基礎から始まり、より高度な表現に徐々に挑戦して想像力を育んでいきます。

ご受講にあたって

<お持ちもの・ご購入いただくもの>
スケッチブック(F6/ホモ)・鉛筆(2H・HB・B・2B・4B/ハイユニまたはステッドラー)・色鉛筆(油性36色/ポリクロモス)・パステル(50色/ホルベイン)
※お使いの画材があればお持ちください。

日程/カリキュラム

2019/10/04 2019/10/18 2019/11/01 2019/11/15 2019/12/06 2019/12/20

体験のご案内

ご体験の際はスケッチブック(F6)または画用紙・鉛筆(2H・HB・B・2B・4B)をお持ちください。
※お使いの画材があればお持ちください。
体験受講料 2,900円+税
体験教材費 230円+税

講師紹介

  • 日本美術院院友
    京都造形芸術大学非常勤講師
    元東京芸大非常勤講師
    財団法人日本美術院
    西野 正望(ニシノ セイボウ)

    3~4年ほどグラフィック・デザイナーの仕事をした後(横尾忠則氏のアシスタントを経験)、1年間の勉学の末、東京芸術大学日本画科に入学。大学において高山辰夫・加山又造・平山郁夫・福井爽人先生らの指導を受ける。 日本・中国・アジア諸国・西洋の古典美術を研究しつつ、現代の絵画を模索する。その中のひとつに20世紀までのバリ島の祭を描いたシリーズがあり、佐藤美術館で「月の祭」という題名で個展を開催した。 近年は日本美術の中のデザイン工芸性こそが日本人のアートであることを自認している。

※日程やカリキュラムは変更になる場合がございますので、できましたらあらかじめお問合せください